【ドメイン移行の方法】第3回:メールアドレスもあなたのドメインにする


このシリーズ、ずいぶん久しぶりになってしまいました。お待ち頂いてた方、申し訳ありません。ではいきましょう。
前回までで、独自ドメイン取得とブログURLの独自ドメイン化が終わりました。今回はメールアドレスも独自ドメインにしてみます。大体のブログサービスプロバイダ(Seesaaなど)は、メールサービスまではやってくれていません。そこで、「Google Apps(グーグル アップス)」を使って、無料で独自ドメインメールアドレスを持つ方法を紹介します。
Google Appsはメールサービスだけのものではありません。本来は、チームで仕事する時に必要となるコミュニケーションを円滑にするための強力なグループウェア機能が備わっています。今回はその一部、Gmail機能だけを使います。

1.Google Appsへの登録
下のリンクから、Google Appsに登録します。
■Google Apps へようこそ

「家族やグループ」をクリック。
image

「機能比較とお申込み」をクリック。
image

Standard Editionの「お申込み」をクリック。
image

「管理者」を選択、「ドメイン名」にあなたのドメイン名を入力して、「次へ進む」。
image

各種必要事項を入力して下さい。*マークのある必須項目だけで良いです。先頭の「ユーザ数」は、メールアカウント数です。10個で十分でしょう。後で増やせますし。 
image

ユーザ名を入れます。このユーザ名とドメイン名で、あなたのメールアドレスが決まります。後で追加も出来ますが、最初から慎重にお気に入りのメールアドレスを決めてください。後で追加したり変更するには、あちらこちらのネットサービスに登録してしまったメルアドを変更していくのが面倒だからです。
image 

これでGoogle Appsへの登録作業は完了です。

2.Google Appsに独自ドメイン所有権を知らせる
ここまででGoogle Appsに必要情報を登録したものの、独自ドメインが本当にあなたのものか、Google Appsに知らせてやらないといけません。そうしないと、ドメイン取得せずに勝手にGoogle Appsにだけ登録して、独自ドメインメルアドを使えてしまいますからね。ちょっと、難しそうだけど、理屈抜きでこの通りやってくれればOK。

Google Appsに登録したユーザ名でログインすると、ダッシュボードに以下のように表示されているはずです。「ドメインの所有権を確認」をクリック。
image

このページで、「CNAMEレコードを変更」を選択。色々出てきますが、2の"google~"で始まる文字列をメモします。
image

今度は、お名前.comにログインし、「ドメイン設定」ページの「DNS設定」を押して出てくる次の画面から、ラジオボタンを選択。「入力画面へ進む」。image
DNSレコード設定の画面で次のように入れて、「追加」ボタン。

ホスト名:Google Appsでメモした"google~"の文字列
TYPE:"CNAME"を選択
VALUE:google.com
状態:有効

image
そして、「確認画面へ進む」で、入力を完了させてください。

3.待つ
また待ちます。あなたのドメインに対するサーバーアドレスがインターネットに浸透していくまで、しばらく時間がかかります。お名前.comの場合、最大24時間程度です。気長に待ちましょう。

こんな風に、ダッシュボードのメニューバーの下にワーニングが出ないようになったら、成功です。
image

4.お名前.comにメールサーバはGoogle Appsだということを知らせる
もう少しです。頑張りましょう。次は、お名前.comのDNS設定で、自分のメールサーバはGoogle Appsだよ、ということを知らせてやります。これで、あなたのドメイン宛のメールがGoogle Appsに送られるようになるのです。

3でやったDNSレコード追加をまたやります。今度はMXレコードというメールサーバ用の情報を追加していきます。Googleは複数のメールサーバを用意してくれていて、万一ダウンしていても他のメールサーバが受け取ってくれるようになっています。そのため、合計7つのレコードを追加してやります。

ホスト名:ブランク
TYPE:MX
VALUE:下の7つ
優先:下の数字
状態:有効

aspmx.l.google.com 10
alt1.aspmx.l.google.com  20
alt2.aspmx.l.google.com  20
aspmx2.googlemail.com  30
aspmx3.googlemail.com  30
aspmx4.googlemail.com  30
aspmx5.googlemail.com  30

image
そして、「確認画面へ進む」で、入力を完了させてください。

5.待つ
またまた待ちます。あなたのドメインに対するサーバーアドレスがインターネットに浸透していくまで、しばらく時間がかかります。お名前.comの場合、最大24時間程度です。気長に待ちましょう。

こんな風に「メール」のとなりに「アクティブ」となれば成功です。image

6.メールの送受信
▼パソコン
https://mail.google.com/a/xxx.com/
上のURLでGmailのインタフェースで送受信できます。xxx.comはあなたのドメインに変えてください。

▼ケータイ
https://mail.google.com/a/xxx.com/x/
パソコンのURL末尾に"x/"をつけるだけ。これでケータイ用のライトな画面で見れます。ログイン画面となるこのURLをブックマークしてください。ログイン後の受信ボックス画面のURLは長すぎてケータイブックマークには登録できないようです。(少なくとも私のF906iでは…)

どうでしょう?うまく送受信できましたか?おめでとうございます!
これで、ドメイン移行シリーズも半分まで終わりました。次回は、これまでのしがらみを断ち切るべく、いろいろなネットサービスをあなたのドメインに対応させていきましょう。(って、そんなにネタになるほど面白くなるかは自信ないけど)

▼ドメイン移行シリーズ
第1回:あなたのドメインを取得する6つのステップ
第2回:Seesaaブログをあなたのドメインにする4つのステップ
第3回:メールアドレスもあなたのドメインにする
第4回:ネットサービスをあなたのドメインに対応させる(未稿)
第5回:その他いろいろアドバイス(未稿)
最終回:独自ドメインにして良かったこと(未稿)

▼お知らせ
本質思考道場では、ドメイン移行に関するお悩みを大募集! ってかネタ切れ気味。コメントとかメールでお知らせ下さいませ。