Vista SP1正式版はACPI.sysを破壊し起動不能にする


本件は、2008.03.30(Sun)に解決しました。
解決方法はコチラを参照してください。
Vista SP1インストールの注意事項

Vista SP1が正式リリースされた。これまでRC版を試して問題がなかったので、インストールしてみることにした。まだ、自動アップデートはされないので、RC版をアンインストールのうえ、手動でインストールしてみた。
■RC版の削除の方法
■正式SP1のサイト
■絵で見る「Vista SP1」のインストール-CNET Japan

CNETで紹介されているWindows Updateで手動インストールする方法では、私のマシンでは「インストール可能なアップデート」にSP1が表示されなかった。
image

このため、RC版の時と同様に、正式サイトからの一括ダウンロードでインストールした。

結果はNG。起動できなくなってしまった。2回試したが同じだった。事象は以下の通り。

  • Service Packインストールステージ 3/3が完了後、自動再起動したらいきなり、黒背景に白文字の「Windowsシステムの回復メニュー」になった。
  • このメニューには、「スタートアップの修復」と「通常起動する」が選べるようになっている。「スタートアップの修復」でエンターしても、3秒後に同じ回復メニューが表示されるだけ。「通常起動する」でエンターすると再起動してから同じ回復メニューが表示されるだけ。全く起動しなくなってしまった。
  • BIOS起動後にF8キーを押して表示される、「詳細ブートオプション」の画面でも、どれを選択しても、同じく回復メニューが表示されるだけ。
  • BIOS起動時にF12キーで表示される、BIOSブートオプションメニューで「トラブル解決ナビ」を選んでみたら、スタートアップ修復が開始された。(これは、私が試したFMV-LOOX T50Uの仕様であり、富士通がメーカーPCとして最終手段のトラブル解決手段を用意してくれているから助かった。通常は、VistaインストールDVDを入れてDVDブートして、リカバリするものと思われる。)
  • 見事に復旧してくれた。前回の正常起動時を復元ポイントとしているので、SP1インストール直前状態に戻ってくれた。
  • トラブル解決ナビのログを見ると、「根本的な原因としてACPI.sysが壊れている」とあった。

ACPIは電源制御のドライバ。こんな大事なドライバを破壊するSP1インストーラは危険だ。悪質なウィルスともいえる。相性があるとしても、さすがにACPI.sysは今やどんなPCでも同じでしょう。
RC版では順調に動作していたので、非常に残念だ。今回のトラブルシュートに費やされた15時間を返してくれと言いたい。しばらく、SP1はインストールしない様子を見ることにする。Microsoftは、Yahoo買収もいいけど、まずは今いるお客を大切にして欲しいものだ。
と、怒ってはみたものの、他のユーザーの方はうまくいっているようですね。何が原因なのでしょうか?