ゴルフスイングを自分で解析して自分で上達するためのiPhoneアプリ「iSwing」がパワーアップして値下げの115円


絶賛愛用中のiPhoneアプリ「iSwing」が随分パワーアップしたのに値下がりしていました。何と115円。前は700円だったので恐らくキャンペーン期間だと思います。iPhone持ちのゴルファーはお急ぎ下さい。

気付いたパワーアップポイントを、ざざっと写真で紹介します。

比較できる

2つのスイングを比較出来る
↑2つのスイングを比較出来る。

右は始めたばかりの頃、左は半年後。こうやって見ると練習の成果がよく分かります。

 

憶えやすい

 タイトルが付けられる
↑タイトルが付けられる。

これまでは自動でつけられる日付だけを頼りにしていたけれど、自分でタイトル編集出来るようになった。これも嬉しい。上から3つめは息子。キッズ用ドライバーを与えたらパンパン当たるようになって、最近楽しそうです。

 

シェアしやすい

撮ったスイングが動画でメール出来る
↑撮ったスイングが動画でメール出来る。

これまでは30コマくらいがつながった画像jpgしか作れなかったけど、QuickTimeで動画が作れるようになった。何とかGIFアニメで動画を作っていたけれど、これは便利。友達のスイング撮影して、すぐメール送れます。

 

分析しやすい

ラインを書く機能
↑ラインを書く機能。

赤いラインには角度が表示されるようになった。手とクラブヘッドを結ぶライン、つまりシャフトプレーンは36°で、上半身の軸は53°、足すと89°です。ほぼ90°ってことは、よい構えのはず。軸が固定していれば、90°が一番遠心力が働きますからね。

 

前回のエントリーも参考にしてください。
■ゴルフスイングを自分で解析して自分で上達するためのiPhoneアプリ「iSwing」700円。 | 本質思考道場

 

image
■iTunes App Store: iPhone、iPod touch 対応 iSwing: Golf