祝!福井県勝山市のKentaroさん作「ChaMap(チャマップ)」がMashupアワード最優秀賞


いくつかのWebサービスをAPI活用して、新たなWebサービスを作っていくMashup(マッシュアップ)。Mashupによるビジネスアイデアの創出やエンジニア活躍の場を提供する目的で、今年4回目となる「Mashupアワード」(主催:サン・マイクロシステムズ、リクルート)が行われ、去る2008/10/19(Sun)に表彰式が行われたようです。
■Mashup Awards 4 / MA4

最優秀賞は我が福井県勝山市のプログラマ「Kentaro」さんによる、「ChaMap」。
■ケンタローの開発日記
■Chamap – Enjoy Geo Communication!

image

いわゆるチャットサイトなのですが、ユーザインタフェースが実に面白いです。特に以下の2点。

1.地図に吹き出す
発言した方の辺りに吹き出しで表示されます。通常の時系列の見え方も右サイドにあります。自分の場所の指定は、地図上でクリックして鉛筆マークを置くことで指定できます。さらに、PlaceEngineというサービスでお使いのパソコンが捕まえたWiFi信号を元に場所を予測することも出来るとのこと。私が住んでいる福井市の場合は、まだPlaceEngineのデータベースが対応していないのか、「位置が特定できません」となってしまいましたが。

2.しゃべる
驚いたのはこれ。打ち込んだ文字をしゃべってくれます。打ち込んだ文字をサーバ側で音声にしてブラウザ側で再生するということです。ロボットのような無機質な声なのですが、パソコン側で初音ミクなんかの音声に指定できたらさらに面白そう。開発ログを読んでいくと、実はそれほど難しくないそうで、他のサイトにも使えそうですね。例えば、RSSリーダーと連携して、フィード記事を音声で読み上げてくれるとか、フィード記事を音声のPodcastにしてくれるとか。朝のニュースチェックが着替えながら出来ると良いですね。

他の受賞者の方の作品もアイデアに富んだものばかり。皆さんいつ時間作るのだろうと感心します。

 

それにしてもKentaroさん、おめでとうございます。同じ福井出身として誇らしいです。きっとどこかの県内イベントでご一緒しているのでしょうが、まだしっかりお話出来ていないのでお会いしたいです。

福井県は県の財団法人ふくい産業支援センターさんが結構頑張ってくれていて、「アップグレードふくい」というイベントが年に数回あって今年もCSSniteを呼んでくれたり、実はかなり恵まれた環境なのですよね。東京だとどのイベントもすぐ定員になって行けないと嘆いているデザイナーやプログラマーも多いのですよ。来年は福井でブロガーイベントなんかもやってみたいものです。その時はぜひ。

▼関連記事
■Webデザインの現場を変える「CSS Nite in Fukui」 | 本質思考道場
■食べ歩き写真を日本地図に載せました「Google Picasa ウェブアルバム」 | 本質思考道場