ネットの躾けも子供のうちから。「12歳からのインターネット(萩上チキ:ミシマ社)」


何かインターネット絡みの事件が起こると、インターネットというメディアそのものを否定されてしまいがちですが、将来インターネットがなくなることは最早考えられない。であるならば、子供のうちから、何が良くて何が悪いか。そういうネットの「躾け」も子供のうちからやってあげなければならない。ネットであろうがリアル(この呼び方イヤなんですが)であろうが、相手は人間。周りに迷惑かけずに自分の生きたい人生を精一杯全力で生きる。そういう子供を育てたいものです。
我が家も早くから子供たちにおふるのパソコンを与え、自由に使わせつつ、そろそろ自己運動し始めるかなというところで出会ったこの本。

12歳からのインターネット
荻上 チキ
ミシマ社
売り上げランキング: 85301

9歳の娘が読んで「面白くて、よく分かる」内容だったとのこと。普段パソコンを触っているからこそ、こんなルールがあるのか、ということで一気に読了していた。今では彼女の部屋のパソコンの隣にしっかり並んでいる。
子供達が活躍する10年以上先の未来はどうなっているだろう。親の私にも予測不能だ。だからこそ、変化の中でも変わらない本質をしっかりと躾けていきたいと思う。
 

P.S.
出版のミシマ社はエニグモ本「謎の会社世界を変える」で知った。 最近周りの方からも「読んだよ」という方が増えてきた気がします。
■謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦 | 本質思考道場

 

謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦
須田 将啓 田中 禎人
ミシマ社
売り上げランキング: 21841
おすすめ度の平均: 4.5

2 最後まで読むのが辛い
5 起業したくなりました
4 Life is short, make it count
5 あなたを元気にする本です!
4 大学発ベンチャーでは考えられない発想

ミシマ社の本の付録というかしおりや葉書や推薦本冊子は、全部手書きなのが、実にハートフルで良い。
image

お客様の顔が見えないからこそ、真心を尽くしておもてなしをする。大切なことですね。