【F-03Aレビュー】第4回:使いやすいスライドだが残念な2つのこと。キーロックとバッテリー。


スライドケータイって使いやすいですね。こんなにいいんだったらもっと早くから使っておけばよかった。ストレスフリーのF-03Aをモニター中です。でも、キーロックとバッテリー持ちだけは残念なのですよね。。。

1.オートキーロックと併用できない

以前、F-01Aをなくした経験から、Fケータイユーザーにはぜひ置き忘れセンサーを使ってもらいたいです。置き忘れセンサーは、モーションセンサーとキーロックの機能を組み合わせた便利機能で、ケータイをどこかに置き忘れても一定時間たてばキーロックがかかり、データを保全してくれるというもの。ケータイなくす前にぜひ設定してもらいたいものです。
■【F-01Aレビュー】第12回:ケータイなくす前にやっておきたい10の設定 – 本質思考道場

F-03A写真集
↑置き忘れセンサーはF-03Aでも健在。

1.1.スライド時のキーロックと併用することの弊害

しかし、スライド時のキーロックと併用するとイマイチ使いにくいのですよね。図解してみます。

 image  
↑現状のF-03Aのスライドキーロックと置き忘れキーロックの状態遷移図。

この赤色矢印に注目。置き忘れセンサー発動後に暗証番号入力すると、「暗証番号必要なアンロック状態」になるのですね。ここがいけない。元の状態に戻るには、キーロック長押しを2回やって、青色矢印のルートで戻らないとダメなのですよ。これは分かりにくくて使いにくいと思います。

1.2.併用するにはこうなってて欲しい

本当はこうなってて欲しい。

image
↑期待するF-03Aのスライドキーロックと置き忘れキーロックの状態遷移図。

赤字の矢印の行き先を変更。つまり、キー入力したのだからもう置き忘れ状態ではなく、暗証番号不要のキーロック状態になって欲しいわけですよ。スライドケータイのクローズ時のキーロックは、誤動作防止のためにどうしても必要な機能。この辺りの使い勝手が良くなるとグンとイメージがいいのですが。ソフトウェアアップデートで改善されたらいいのになぁ。

2.バッテリ持ちを悪くする画面オフまでの時間

どうもバッテリが持たない。原因を探っていったら、自分なりの答えは「画面オフまでの時間」でした。クローズした後も一定時間は画面照明が付いたままになるのですが、これを1分間にしていた。すると、クローズしてポケットに入れても1分間は点灯しっ放し。ちょこまかケータイいじるので、これはバッテリーに負担がかかります。

画面オフまでの時間は設定が出来て15秒から5分間の幅で選ぶことが出来るのですが、オープン時とクローズ時の両方の設定になってしまっている。これがいけない。

 F-03A写真集
↑画面オフまでの時間設定

オープン時にはメール眺めたり、Googleリーダー眺めたりしてるので、画面が大きくて情報量が多い分、1分くらいは明るくしておきたい。でもクローズ時は5秒でさくっと暗くなってよい。この対策として、クローズした後にキーロックボタンを押せば照明は消えるのですが、いつも忘れてしまう。

バッテリ持ちを良くするためにも、オープン時とクローズ時の設定を分けられるといいと思います。

3.まとめ

スライドケータイは、クローズ時にも情報量の多いメインパネルが外側に出ていて視認性が良いわけですが、使い勝手が悪いなぁと感じる2点を紹介しました。モニター仲間のカイさんも同じくキーロックには不満を感じてるようです。参考にしてください。
■これが俺のスライドケータイ歴でR – カイ士伝

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!