【F906iレビュー】第9回:iTunesとF906iを両立させる方法


Windows Media Player(以下WMP)をパソコンでメインに使っている方は読み飛ばしてください。

FMトランスミッターのアンプラグド良音が気に入ってしまった私は、iPodからF906iにメインのミュージックプレイヤーを乗り換えることにしました。
■【F906iレビュー】第6回:FMトランスミッターも付いてるF906iは9万円もおトク!! | 本質思考道場

この乗り換えには以下の試練があることが分かりました。

  1. パソコンからF906iに同期するにはWMPしかない。
  2. しかし、操作性の良さからして、iTunesは捨てがたい。
  3. iTunesで管理してる6,000曲のうち、3,500曲ものAAC形式ファイル(*.m4a)はF906iでは再生できない。mp3への変換が必要。
  4. さらに、WMPではAAC形式ファイルは再生できない。プラグインを入れれば再生できるものの、ライブラリ追加で見つけてはくれない。

こんな、混沌たる試練が待ち受けていたのでした。しかし、立ち向かいましたよ。
iPodと縁を切り、持ち物を減らして、良音を選びました。
一時の面倒さよりも、普段の快適さの方が本質的に大切ですからね。

解決方法をまとめると以下の通り。

  1. パソコンでのミュージックプレイヤーはiTunesのまま
  2. m4aをmp3に変換 by iTunes
  3. iTunesとWMPのライブラリ情報を同期 by MusicBridge
  4. WMPとF906iを同期 by WMP

以下、手順を追って説明します。

1.m4aをmp3に変換
mp3変換はiTunesの機能を使います。まず一旦iTunesのライブラリ情報を全てクリア。「ファイルは残す」よう、くれぐれも注意を。また、これするとプレイリストもなくなります。その後、エクスプローラーでm4aファイルのあるトップフォルダから、*.m4aファイルを検索します。

ちなみに、私の場合はmp3とm4aが同じフォルダ階層内にごっちゃに入っていたので、検索なんて面倒なことをしましたが、お持ちのミュージックファイルがm4aで統一されていれば、削除も検索も必要ありません。ズバッと次の変換手順に進みましょう。
image
image

これらのファイルをCtrl-Aで全選択し、iTunesのミュージックライブラリにドラッグ&ドロップ。これでm4aファイルだけのライブラリが出来ました。

次にiTunesのミュージックライブラリでCtrl-Aで全選択。右クリックでコンテキストメニューから「選択項目をmp3に変換」を選びます。
image

これで変換が始まります。終わるまで気長に待ちましょう。
image

処理時間はマシンスペックと曲の時間に大いに影響します。私の場合、約3,500曲で6時間くらい。一晩かけて変換しました。それでも結構速いマシンなんですけどね。
■音楽制作に適したマシンを自作 | 本質思考道場

2.m4aファイルを消去
変換が終わったら、m4aファイルを消去します。慎重に。バックアップしてからの作業をオススメ。m4aを検索したのと同じ手順で検索して、Ctrl-Aの後del。勇気を出して消去!

3.iTunesのライブラリを再構築
iTunesのミュージックライブラリをもう一度Ctrl-A&delでカラにしてから、「ファイル」-「フォルダをライブラリに追加」で、ミュージックファイルのトップフォルダを指定。これにてmp3ファイルでのライブラリが完成。m4aに紐付いていたアートワークや属性情報もそのままmp3ファイルに引き継がれているので、違和感ありません。

4.iTunesとWMPを同期
これらのmp3ファイルをWMPライブラリに反映させるには2つの方法があります。

  1. 単純にトップフォルダをWMPに指定する方法。これだと、レートとかプレイリストとかのメタデータはWMPに反映されません。
  2. MusicBridgeというフリーソフトでiTunesとWMPのライブラリ情報を同期させる方法。これだとメタデータも反映されます。

よって、後者の方法にしました。MusicBridgeはこちらからダウンロードできます。
■MusicBridge – Free software downloads and reviews – CNET Download.com

「Sync From iTunes」の「General Data」をポチっとな。image

MusicBridge側はFinishedになってるが、WMPを開くとライブラリがない状態でした。うーむ。バージョン相性とかあるのか。後日調べるとして、ひとまず1の同じフォルダを参照してWMPにライブラリを追加した。

5.WMPとF906iを同期
やっとここまで来ました。長かったなぁ。F906iに挿してるmicroSDHCが8GBなのに対し、ミュージックライブラリは30GBオーバー。ひとまず、ジャンルでRockとR&Bを入れた。
F906i側のUSBモードは、MENU -> 6 -> 2 -> 6で「MTPモード」にしておくこと。
image 

iTunes-iPodの関係並に快適とまではいけてませんが、何とか音楽持ち歩けるようになりました。