【F906iレビュー】第1回:FOMA SH903i to F906iの移行で3つ困った


手に入れてしまいましたF906i。「ケータイ会議2」に行ってきました。いつもの通り、素晴らしく激しい田口さんの仕切りの中、あれよという間に最新ケータイのF906iが手元に!これから1ヶ月モニターエントリーをします。少しケータイ寄りなエントリーになることをご容赦下さい。
今回のスポンサー富士通さんは、とにかくフィードバックとPRを期待されていました。PRといっても、キムタクがやってるような15秒とか30秒のコマで伝えられるPRではなく、私たちモニターブロガーが使ってみて、良しも悪しも赤裸々に書き込んで欲しいとのこと。なるほど。ということで、カタログやメーカーサイトに載っていることは抜きにして、自分が使った使用感をどんどん書き込んでいきます。よろしくお願いします。
ひとつ私のブログのルールを作ります。いつも紙資料のレビューで用いる4色ボールペンとか、本に挟む3色付箋の、私のルールをこのブログにも適用して、長くなりがちな私のエントリーにメリハリを付けていきます。右サイドバーにも凡例を載せておきますね。

【文字色の凡例】
赤色文字:気にいった!
青色文字:改善期待!
緑色文字:後で調べよう・・・
通常文字:上記以外

第1回は、これまで使っていたFOMA SH903iからF906iへの移行について。データの移行はドコモショップでカンタンでした。ですが、3つ困ったことがありました。

1.端末設定の移行
自分ならではの端末側の設定ってありますよね。私の場合、こんな感じ。

  • 単語辞書や定型文
    名前の「孝盛(たかもり)」とか、社名の「天晴(てんせい)」など、よく使う非標準単語を辞書に入れてあるが移行できない。パソコンのIMEならdicファイルをインポートするだけなんですけど。ただ、F906iは文字入力して「あ、単語が出てこない・・・」を思ったその時にMENUを押せば単語登録や定型文登録が出来る。これいいですね。全般的にF906iを触ってみると操作に迷いがない。迷ったらMENU、するといい感じにやりたいことがそこにある。ヒトに優しいケータイだなぁというのが最初の印象。こういう優しさを見つけたら、これからもレポートします。 
    image
  • メールやブックマークのフォルダ
    フォルダを作って分類して、メールなら発信者アドレスで振り分け設定して、フォルダ別にセキュリティの有無を設定。そういうふうに情報を分類しておかないと、私は記憶力がないのでヤバいんですよ。しかし、フォルダ設定は移行されない。全部ひとまとめのフォルダーに、ドーッと展開。悲しい。もう振分けし直す気力がない。もう一度必要性に迫られるまで我慢してみるか・・・

2.iアプリの移行
iアプリの移行も出来ませんでした。機種非互換だからダウンロードしなおさないといけないのは分かる。ドコモショップでデータ移行した時に、ネットにつながっている端末で移行するのだったら勝手に移行先の端末用のiアプリをダウンロードしてくれればいいのでは?せめて、ダウンロードすべきiアプリのサイトへのショートカットをiアプリフォルダに入れてくれればいいのでは?F906iは「Google×ヨコモーション」のキャッチフレーズだけに、モバイルGoogleマップがプレインストールされているのが素晴らしい。あとは、NAVITIME plusだけ入れた。

3.おサイフケータイの移行
おサイフケータイの移行も出来ませんでした。Suica,nanaco,Edy,iD,QuickPay,Cmode,ヨドバシポイントカード、どれも出来ません。リアル世界のサイフを変えるのとはえらく面倒。何とかして欲しい。お金と同じだから手順がヘビーになるのは分かりますが。一つ一つサイトにアクセスして、SH903iで残高をサーバに預け、F906iで残高を取り出す操作をしないといけない。一気には面倒なのでだなぁと思いつつ、これは旧と新の両方があって出来る移行なので、ささっとやってしまおう。ケータイ2つをポッケに入れとくのは膨らみすぎる。ひとまずSuicaとnanacoで移行している中で気がついたことは以下の通り。

  • Suica
    改札入って出るまで、つまり電車に乗っている時は移行出来ません。決済予定額があるから移行できないのは分かる。でも、ディレイド更新、つまり改札出た後で残高を預けることが出来ればいいのでは。
  • nanaco
    旧端末側で預けると番号が出てきてメモしてください。え?メモ?デジタルの世界でメモ?
  • Edy
    移行するのに105円かかる。なぜ?サイフを変えたら何で105円取り上げられるの?

以上、移行はこれにて完了。F906iのレビューというよりDoCoMoサービスのレビューが多くなってしまいました。次回はF906iの外装まわりについてお伝えしたいと思います。

(2008/6/12追記)
おサイフケータイの移行については、こちらが参考になりました。
■おサイフケータイの機種変更 Part3 – カイ士伝

FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!