マイスタジオの防音レベルを探る


DSSF3.jpg

引っ越してから2週間、マイスタジオの機材セットアップを終えた。8畳間のフローリング部屋に、防音シートを6面入れ、ドアは防音ドアである。窓は一つだけの二重ガラスにし、多少暗いが防音重視とした。防音にかけた費用は40万円である。完全防音には500万円以上がかかるとネット調査でわかり、あきらめた。壁紙は少し工夫し、ドラム側の一面を黒、他の三面は白にして、ステージっぽい演出をしている。リョーエンホーム多田さんのナイスなご提案の結果である。

防音効果はというと、部屋の中で相当大きな音でスピーカーから音を出しても、他の部屋では少し低音域が漏れ聞こえるくらいで、生活には影響無し。私のような寝付きの良い人なら睡眠にも影響無いだろう。

ただ、ドラムの音はかなり漏れる。気楽にいつでも生ドラムでレコーディングできることはできなさそうだ。子供たちに叩いてもらい、部屋の外で聴いただけでこの結果。私のパワフルロックドラムだと、近所迷惑にならないか。今度、バンド仲間で確認しあおうと思う。

こういうとき、騒音レベルがデジタルに測定できるといいのだが、実はそういうソフトがあるのだ。吉正電子株式会社の「DSSF3」というシェアウェアである。このソフトで表示される数値は専門的すぎて良くわからないが、MaxSPLという数値が騒音デシベルをあらわしているらしく、普段の数値と比べれば、かなり判断材料になる。ノートパソコンにインストールして、内蔵のマイクで音を拾えばよい。実験した結果は後日報告したいと思う。