祝!1周年。天然モノにこだわる和食居酒屋、大阪京橋「喜や」


大阪へ行った時にたまたま出会えた素晴らしいお店を紹介します。その名も「喜や(きや)」。大阪JRの環状線京橋駅からビジネスパーク方面に行ったところにありました。

1年前の2008年秋に開いたこのお店。天然モノの食材にこだわってるお店でした。福井でピチピチの魚を食べてきた私にもホントおいしいと思う。それに、ひとつひとつのお料理にひと工夫してあって、楽しめました。

お酒は新潟の久保田と緑川のみ。蔵元まで行って直接仕入れをお願いしたとのことです。ちょっと話は脱線するけど、新潟地震の時、緑川酒造は蔵出し間近のお酒を全て廃棄したそうです。特に目立った被害はなくとも、何らかいつもと違うお酒になるかもしれん。それをお客様に売るわけにはいかんということで、相当こだわりの酒蔵ですね。正直な商売、私も心がけたい。

さて、早速「喜や」の紹介です。

大阪京橋「喜や」
↑入口はこんな感じ。下町風な場所にある看板を目指せばすぐ分かると思います。地図は後で紹介しますね。

大阪京橋「喜や」あおりいかの造り、780円
↑この日はあおりいかのお造り。780円。

大阪京橋「喜や」だしまき卵、あごだしで生のり入り、650円
↑だしまき卵。あごだし(とびうおのだし)で浜名湖産生のりの入った、650円。大阪の人って卵好きですよね。

大阪京橋「喜や」越後は緑川の純米、900円
↑緑川の純米900円。「すず」の杯で頂く。杯は色んな種類あった。お花が浮かべてあって素敵。

大阪京橋「喜や」日本酒の保存にはエア抜き
↑日本酒は1杯注ぐ毎にエア抜きして品質を維持。日本酒でここまでするのは見たことない。

大阪京橋「喜や」
↑奥の座敷には8名ほど入れる。そこに置いてある熱帯魚に癒される。音楽はJazz。カウンターにも8名ほど座れます。

大阪京橋「喜や」ある日のメニュー
↑とある日のメニュー。少し高めかと思いきや、質を考えたらメチャクチャ安いと思うのですよ。

日本人に生まれて良かったと思えるお店です。年間の旬を頂けるお店、いいですよね。オープンして1周年ということで、ようやく年間通しての勘が分かり始めたところだと思います。このままこだわり続けておいしいものを食べさせてください。

▼優和酒家「喜や」
住所:大阪府大阪市城東区鴫野西1丁目5-21
電話:06-6969-7799
営業時間:17:00~不定期
定休日:原則日曜日

大きな地図で見る

優和酒家 喜や