【Fケータイ内覧会】僕らのリクエストが全部入り!!「ハイスペック×スラヨコモ F-09A」


ケータイ会議のご縁あって、富士通ケータイの2009年夏モデル、F-08AとF-09Aの内覧会に参加させてもらいました。これまでのケータイ会議でF906iやF-01~04Aをレビューしてきたリクエストがほぼ全部実現してくれている、PRIMEシリーズF-09Aに感動です。

内覧会では発売前のデモ機を触らせてもらいました。Fケータイラブな私ですが、それなりに使いにくいところも少しはあって、これまでいくつかエントリーしてきました。それらがいくつもカイゼンされていて、素晴らしいです。特にグッときた点をご紹介。

1.スラヨコモが使いやすい

スライドが使いやすいF-03Aと、ヨコでも見やすいヨコモーションF906iのハイブリッド型になりました。「スライドヨコモーション」という名前のようですが、私は「スラヨコモ」の登場を渇望してたのですよね。

スライド&ヨコモーション
↑私がイメージしていた「スラヨコモ」
■【F-03Aレビュー】第3回:折りたたみ式、2軸式、ヨコモーション。スライド式ってどう? | 本質思考道場

今回の「F-09A」では、スライドした後、ヨコモーションになって、重心はセンターのまま。こっちの方が重心的に安定していて使いやすいと思います。よく似た形状に、同じドコモのN-01Aがありますが、最初横にしてからさらに回転させて縦型になる。これだと両手を使わないと難しい。しかし、F-09Aはクローズからスライドオープン、スラヨコモと、片手で変形できるのですね。まるでZガンダム(MSZ-006)のようです。

F-09A
↑重心の安定した使いやすい「スラヨコモ」

2.ロック周りがカイゼンされた

スライドケータイはロック周りが使いにくいと不便。F-03Aの時は置き忘れセンサーとクローズロックの使い勝手が悪く、これが致命傷となってF-01Aを選ぶことになったのですよ。
■【F-03Aレビュー】第4回:使いやすいスライドだが残念な2つのこと。キーロックとバッテリー。 | 本質思考道場

しかし、F-09Aではカイゼンされているそうです。「画面オフから数秒後にロック発動」という設定が出来るようになりました。デモ機では実験できなかったのですが、確かにそういう設定メニューは出来あがっていました。

F-09A
↑カイゼンされたロックまわり設定

3.タッチパネルが使える

はっきり言って今使っているF-01Aのタッチパネルは使わなくなりました。一部の機能しか使えないから結局全部ボタン操作になってしまうのですよね。しかし、F-09Aでは全部の操作がタッチパネルで可能。待受画面を1タッチするとiPhoneのようなランチャー画面も出てくる。

F-09A
↑iPhoneみたいな使いやすいランチャー画面。

4.ジャイロセンサーで迷わない

ジャイロセンサー(方位磁石)が内蔵されました。GPSケータイでナビを使う時、これまではアナログな方位磁石をストラップに付けておいて、最初の一歩を決めていました。しかし、ジャイロセンサーが内蔵されているので、自分の向いている方が地図の上になり(これをヘッディングアップといいます)、最初の一歩が踏み出しやすくなった。これで地図を調べてから目的地へ行くまで、その場でキョロキョロと自分の現在地を知ることもなくなりました。

5.遊べるカメラ

800万画素になった上に、ISO感度3200まで対応して夜景もきれいになってるそうです。面白いのは「美肌+ひとみ強調モード」。何と肌の色を白く、瞳を大きめに強調してくれる、美人撮りモードがあります。自分の顔を撮ってみたら、とても・・・いく撮れました。これは女の子には便利。

F-09A
↑F-09Aで撮影した日テレビル。高精細ですな。

6.iモーションがBluetoothで聴ける

これまで不便に感じていたことの一つ。ブラウザでYouTubeを見ていると、iモーションでストリーミング再生してくれるのですが、この音声がBluetoothからは出力されませんでした。今回のF-09Aではこれに対応。通勤時にBluetoothでミュージックプレイヤーを聞きながらRSSリーダをブラウズ、動画を見つけたら音声もBluetoothから自動切替出力という、素敵な通勤環境が実現しそうです。

F-09A
↑iモーションがBluetoothで聴けるようになった!

 

逆に、ここは残念と思う点は以下の通り。

7.防水がない

カヌーパドラーな私には防水が何とも欲しいところ。

8.ヨコモーションにするヒンジが固い

文章では伝えにくいですが、ちょっとヨコにするときに固さがあって、私のゴツい親指でも歯を食いしばらないといけないくらい。富士通の方に伺ったところ、「製品版はまだまだ改良を加えている」とのことですので、ここはぜひ購入前にお店でチェックしてみて欲しいと思います。

F-09A
↑裏面のヒンジ周り。開けやすさはまだカイゼンされるとのこと。

と、ここまでF-09Aの紹介でした。同じくF-08Aも触らせてもらいましたが、防水性能がIPX8まで対応して水深1.5m(5/25訂正10m)でも写真撮影できるというのがすごい。これから海のシーズンで潜って色々撮れそうです。

いやぁ、今回のF-09Aはすごい端末だ。そして、ケータイ会議でのレビュー結果や、ご利用ユーザの声をどんどん反映していくというエンジニアの方の努力に感服です。発売日はまだ未定とのことですが、6月末までには発売されるとのことです。お楽しみに!

本日の内覧会、ありがとうございました。>富士通さん、田口さん。

FOMA F-09A F-08A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-09A F-08A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

P.S
14:00~18:00までの内覧会。機種紹介と実機体験、ブログアップまで4時間フル回転だった。集中できて楽しかったです。