【F-03Aレビュー】第1回:世界初のラウンドフォルムでタッチパネルでスライド式


2009/1/24(Sat)にいよいよF-03Aが発売となりました。どこにも角がない「ラウンドフォルム」がデザインの特徴です。

スライド式ケータイで人気の三菱製ケータイはD905iを最後に撤退。そのDシリーズの特徴であるスライド式やクルクル回すタッチセレクターを引き継いで、Dユーザがスムースに機種変更できる機種を目指したとのこと。

スライドやタッチセレクターといった操作性は次回以降にレポートするとして、今回はまずデザイン面からいってみます。

1.世界初のラウンドフォルムタッチパネルを実装する苦労

どこにも角がないラウンドフォルム。何とタッチパネルも丸みがあります。

F-03A写真集
↑真ん中がF-03A、左がF-01A、右がF-02A。

う、美しすぎる。うっとり。手に持った感じもしっとりしていて、いい感じです。

デザインをご担当した富士通の高橋さんにお話しを伺うことが出来ました。相当なこだわりとご苦労があったようです。

  • 端末価格が上がって2年間使って頂く時代。所有して楽しい「所有感」を追求した。
  • そこで、持ってて疲れない、丸みのあるラウンドにしようと決めた。
  • 技術的に出来るかは分からなかったが、とにかく何個もモックを作った。
  • モックはそれなりに納得できるものが出来た。
  • しかし、いざ実装しようとすると技術部は全員お手上げだった。
  • タッチパネルを曲面にする技術が世界になかった。
  • また、強度的にもフラットの方が強い。
  • 一時はフラットにするかとあきらめかけた。
  • しかし、それでは他と何ら変わりがないので、死ぬ気で技術開発。
  • 静電式タッチパネルを丸くすると厚みの異なるところが出る。感度が違ってくるので大変。
  • カタチは丸いが、液晶面を平らに見せるのにも苦労。
  • ようやく出来たものは納得のいくものだった。
  • 底面からのビューがたまらなく好き。(上の写真の通り)

壮絶な戦いがあったことでしょうね。プロジェクトXかのごとく熱く語ってくれました。それでますます私もこのフォルムに愛着を持ちました。

2.クローズ時のスタイル

特大の3.2インチモニタは480×960という解像度(ちなみにF-01Aは480×864)。フルワイドサイズになって、F-01Aよりも約1.17倍の情報を表示出来るようになったそうです。

F-03A写真集
↑真ん中がF-03A、左がF-01A、右がF-02A。

サイドから見るとこんな感じ。
F-03A写真集
↑右サイドキーには、下からカメラ起動、マルチ起動、サーチキー、TV起動が並ぶ。

タッチセレクターというクルクル回すコントローラーは液晶の中でソフトウェアで実装。そのため、大きなモニタが実現出来たそうです。それと、防水機能がないのは残念だが、microSDスロットが右サイドになって出し入れしやすくなったのが、とても便利。

F-03A写真集
↑左サイドにはキーロックボタンと、外部端子。背面には520万画素カメラ。

ストラップの取り付け位置は真上だけ。個人的には真下が好きなのだが、スライド式で厚みを作れないので仕方ないかな。カメラを撮るのに邪魔にはならなさそうなので、問題ないでしょう。

3.スライドオープン時のスタイル

スライド式はどうしてもボタン部分が狭くなる。そこも技術部に頑張ってもらって強度を確保しつつ広くとった。結果、D905iでは44mmだったボタン部は、F-03Aでは63mm確保でき、キーの大きさ(キーピッチ)もF-01A並みの大きさを実現。ここも相当こだわった部分だということでした。

F-03A写真集
↑真ん中がF-03A、左がF-01A、右がF-02A。

F-03A写真集
↑スライド時の様子

F-01AやF-02Aの一番下に配置されていたサーチキーなどは、右サイドキーへ移動。ちょっと最初は押しにくい感があるけど、慣れの問題かと思います。

それと、あまりにもツルツルしているので、手が乾いてカサカサだと親指でパネルの下を抑えてクローズする仕草がうまくいかない。ちょびっとデコッて宝石みたいなのつけるといいかも(後日レポート予定)。

F-03A写真集
↑スライド時の裏面の様子

スライドした時のパネルの裏面は黒色。ここも白色だったらもっとカッコ良かったかもなぁ。ちょっとした隠しシールを貼れそう。いつものようにジオン軍シールを貼りますかねww

4.卓上ホルダもカッコいい

卓上ホルダというと真っ黒というイメージですが、F-03Aの卓上ホルダは背面白色。形も変わっていて、ガンダムヴァーチェのような重厚感あるフォルム。

F-03A写真集
↑卓上ホルダ前面

F-03A写真集
↑卓上ホルダ背面

背面全体が包まれているわけではなく、こんな感じで半分は上に出ている。そのせいか、ワンセグを見た時の音声がしっかり前に出てくるのが、よく考えられてるなーという感想です。これだけしっかりしていれば、これからの独り暮らしシーズンにテレビ買わなくてもいいのではないでしょうか。ワンセグ感度は良好な感じです(後日レポート予定)。

5.まとめ

ラウンドフォルムの本体、使い勝手の良い卓上ホルダ。デザインとしてはF-01A、F-02Aよりも相当好きです。このモニター企画、最終的にはF-01A~F-04Aまでの4機種のうちどれが良いかを選ぶのですが、F-03Aに触れるまではダントツF-01Aだと思い込んでた。しかし、F-03Aが強力に対抗馬として登場しましたよ。しっかり使いこなしてレポートしながら、自分の選びたい機種を探していきますね。

Dユーザの方が一番気になるのは、タッチセレクターの使い勝手でしょうね。こちらも後日レポートします。

F-03A写真集
↑親指の上がソフトウェアで実現したタッチパネル式のタッチセレクター。

これから皆でF-03Aもモニターしていきますよ。こちらもあわせてどうぞ。
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!