【F906iレビュー】第5回:たった20円でワンセグケータイをお風呂テレビに変える!?


突然ですが、お風呂好きですか?私は好きです。ゆっくりしたい時は朝晩構わず入ります。本とか雑誌とか持ち込んで長風呂したり、キャンドル焚いてのんびりしたり。気持ちのオン・オフ、交感神経と副交感神経の切り替えに最高ですね。

「ゆっくり長風呂したいけど飽きちゃって」という人もいるはず。お風呂でテレビ見れるといいですね。しかし、防水テレビは2万円以上する上に、小さくてお風呂かキッチンくらいしか使えなくて、どうも購入意欲はそそられません。そういえば、今レビュー中のF906iもワンセグが付いてる。これを改造してお風呂テレビに変えてしまいましょう。

1.材料
材料は次の通りです。

Ziploc(ジップロック) フリーザーバッグ 大 1枚
image 

以上1点です。スーパーやコンビニで買えます。12枚入りで250円くらい。1枚あたり20円ですね。

 

2.手順
それでは改造手順です

  1. 食料用のZiplocと間違えないように、ちゃんと名前を書いておく。
  2. 空のZiplocに息を入れて膨らませ、穴が空いてないか確かめる。
  3. 内部の水滴をタオルやティッシュで拭き取る。
  4. F906iをZiplocに入れる。
  5. 袋に少し空気を入れた状態でチャックを閉める。浮力を持たせるため。

image

出来上がりです。身近に売っている気密性の高い透明な袋に入れれば、万一お風呂に落としてもすぐに拾い上げれば大丈夫でしょう。その時に備え、バスタオルも持ち込んでおくと良いでしょう。
袋の上からのキー操作もバッチリ。
あっという間に「オモローなケータイ」が「オフローなケータイ」に変わってしまいました。

 

3.実験
「ホントに落ちても大丈夫?」と疑ってやまないあなたのために、勇気をもって実験してみました。いきなりケータイで実験するのは怖かったので、まずはケータイより200g重い取扱説明書で実験。

▼プロトタイプ実験(音声あり)

これで自信をつけ、いよいよケータイでの実験へ。

▼ケータイ実験(音声あり)

危険なのでマネはしないようにしてください。試したい人は自己責任にてお願いします。

4.ワンセグテレビの使い勝手
テレビを持ち歩くことでテレビを見るようになるかというとそうでもなかった。やはり番組が面白いかどうかですよね。ただ、録画も出来ることには感動。この前のF1カナダGPを録画。1時間あたり200MBくらい必要なので、録画したい方はmicroSDHCを使ってください。分かりやすく言えば「容量の大きいmicroSD」というだけで、普通のSDカードアダプタ使えばパソコンでも読めますよ。

F906iのディスプレイがキレイなので充分テレビとして使えると思います。
それに、テレビを見ていても「サーチキー」で検索して2画面モードでテレビとGoogleが見えているのが使い勝手いいですね。気になる選手の情報もすぐ調べられます。
この夏はオリンピック。友達と飲んだり、一緒にテレビ見たり、ラジバンダリ!で盛り上がっていきましょう。

くまめがねさんのレビューも参考にしてください。
■ワンセグの2画面表示が凄すぎる。:F906i – くまめがね

こちらのまとめサイトからもどうぞ。
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F906iブロガー徹底レビューまとめサイトへ!
本質思考道場でもレビュー中!レビュー記事はコチラ