鼓童(KODO)ワン・アース・ツアーに行ってきた


kodo 
写真提供:鼓童/株式会社 北前船(著作権について)

於:2008/05/24(Sat) 東京都多摩市パルテノン多摩

もう何年も前にkuwayamaさんから紹介されていた鼓童(KODO)という太鼓芸能集団のツアーライブに行ってきました。kuwayamaさんは私のSE人生のほとんどを一緒に過ごしている戦友で上官です。私がドラマーであることからいつか誘いたいと言い続けてくれて、やっとスケジュールがあって連れて行ってもらいました。

「あれはその舞台を見ないと良さが分からない」と聞かされていたので、ネットを調べたりCDを聴いたりすることなく、ソケット全開でこの舞台を見ることにしました。その通り!何の事前知識なしでピュアに体験することで、良さが凄く分かりました。

1.和太鼓中心
和太鼓を中心に、ジャンガラ・横笛・琴など、日本やアジアの伝統楽器を使った演奏。ものすごく小さな音から大きな音まで、完全にコントロールされていた。その難しさ、私は分かるぞ!

2.色んな叩き方
普通に正面から叩くものや、かついで叩くものなどあったが、一番気に行ったのは「三宅」という曲で披露された、中腰で斜に構えたところから打ち出される叩き方。全身を使ってまるで空手を見ているようだった。かっこいい!

3.ノンマイク
全て生音。太鼓はもちろん、笛や歌まで生音。感動って、フィジカルなコミュニケーションだからこそ伝わるんだな。

4.ビートは複雑
ロックは4~16ビートとか、ジャズはスイングとか、ビートはあるけど、まぁしばらく聴いていればビートは分かるものだ。しかし、彼らの曲は単調なようで複雑。一体どうやって息を合わせているんだろう?オケの指揮者とかコンバスがいるわけでもなく、バンドのドラマーがいるわけでもなく。それでも、ピタッと始まりピタッと終わる。謎だ。ただ、最後のアンコール曲は分かりやすく、会場4,000人ほどの皆で手拍子。一体感が凄い。感動してまたもや涙が。。。

5.その空間はまさにワン・アース
会場には老若男女、あらゆる人種のファンがいました。後ろではラテン系の言葉、隣では英語。ホントに世界中にファンがいるんだなぁ。この会場がまさに1つの地球みたいでしたね。

ということで、大いにはまりました。紹介してくれたkuwayamaさん、ありがとうございます。

■鼓童 | 最新情報
■鼓童 – Wikipedia 

 

今回の経験でやってみようと思ったことは以下の2つ。

1.アース・セレブレーション2008 in 佐渡
毎年、佐渡ヶ島で3日間のコンサートイベントをするそうだ。kuwayamaさんと行ってみよう。ついでにウマいもの頂いてこよう。出来れば子供達も連れて行ってやろう。

■地球の祝祭、アース・セレブレーション2008
2008/08/22(Fri) 鼓童
2008/08/23(Sat) 「ブラジルナイト」オロドゥン with 鼓童
2008/08/24(Sun) 「祝祭」鼓童+オロドゥン
他にもワークショップとして、太鼓を作ったり叩いたり、踊ったり歌ったり。
コンサート通し券13,000円

2.地元の太鼓サークル
バンドと違って和太鼓はそれがメイン。リズムだけでなく叩き方そのものも何もかもカッコイイ。自分もやりたくなった。福井地元で探してみよう。

 

そういえば、ガキの頃夢だったことがある。

和太鼓を担いで世界を旅し、色んな民族と交流する。
和太鼓とその民族の太鼓を交換する。
そのうち、太鼓博物館を作る。
どの民族にも太鼓はある。どの動物にも心臓があるから。
言葉は伝わらなくてもリズムは伝わる。仲良くなれる。

忘れていた。いつの日か仕事を引退したら実行に移そう。それまでに和太鼓を上手になっておこう。そして日本のことをもっとよく知っておこう。