かいわれ大根を育ててみた


100円ショップに行ってみたら、こんなのが。
image 
早速育ててみた。

image 
中にはパック3つと、土代わりのゼオライト、それに3種類の種が入っている。ゼオライトを洗ってパックに敷き種をばら撒く。

image 
ダンボール箱に入れて暗い所で1週間ほど育てるそうだ。

image 
2日目、芽が出てきた。かわいい。

image
3日目、なにやらもやもやとした毛根がびっしり生えた根も出てきた。

4~6日目、出張でいなかったので水やりできなくて、しんなりしていた。7日目に水をあげたら復活。
8日目、だいぶ丈が長くなったので、箱から出して光に当てる。

image 
10日目、出来た!光に向かって背伸びしてる。

DVC00044 
パックからとりだし、根を切ってマヨネーズで食べる。ぴりっとうまい!ボルビックのおいしい水で育ったからなおさらか。3口で食べきる。10日もかかって育ったのにたった3口で人間に食べられる。作ったり育てたり培ったりは、どんなことでも大変だなぁ。農家の皆さんお疲れ様です。

ところで、種ってなぜ芽が出るのだろう?水と接触したら芽が出たが、種だけでは芽が出ない。どんなメカニズムなんだ?
こういうことらしい。

■漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com | 植物の種子は、なぜ一斉に発芽するの?
なるほど。アブシジン酸により休眠状態になっている種子が、吸水によってアブシジン酸が減り逆にジベレリン酸が蓄積されていく。すると酵素が誘導されて糖分が作られ、発芽エネルギーとなって発芽する。すごいなぁ植物。これからもよろしくです。
種子も人間も、外からの刺激がないと芽が出ないんだなぁ。あなたにとっての水とジベレリン酸はなんですかね。