青山でおろしそば「飛坂蕎麦会」


第1回おろしそばカップでも蕎麦の腕を披露してくれた飛坂さんが、東京は青山で蕎麦会を開いてくれた。何でも、彼は東京の蕎麦屋でそばを召し上がった時、「福井のおろしそばを皆に召し上がってもらいたい」と数年前から思っていたようで、2007.11.17(Sat)にようやくその夢がひとつ実現したとのことだ。場所は、北青山銀座線外苑前駅のすぐ近くのMusic&Sports BarのZ・IMAGINE。蕎麦とは全く無関係だが、福井関係者のご友人が経営しているお店とのこと。この店も私のブックマークに登録しておこう。

さて、私は職場の仲間夫婦と若手女性のあわせて3名を引き連れていただきに行った。カヌー関係者など飛坂さんの東京のご友人があわせて30名弱、3部に分けてふるまってくれた。ありがたいことに、福井の銘酒「黒龍」のひやおろしまであり、おろしそばのみならず、舞茸天ぷらや里芋煮、かぶら漬など、福井の名産品をたんまりと、しかも青山でいただくことが出来た。

(シャッターぶれするほど激しくそばにがっつく仲間たち)

東京暮らしの長い友人夫婦(といっても旦那の方は長野なので蕎麦にはうるさい)も、大変気に入ってくれたようで、こういう蕎麦が東京で常時食べれるようになることを切に願う。どうやら本気でおろしそばチェーン店を計画しているとのこと。それはぜひとも、何としてでも応援したい。もう40代後半だと思うのだが、飛坂さんのこれからのチャレンジには脱帽する。私もいつまでもチャレンジングなマインドを絶やさずにいたいものだ。

aoyamaSoba2.jpg
(がんばれ!飛坂さん!!)