黒五のカレー


kuro5.jpg

伊勢丹をぶらついてたら偶然見つけた。あまりにもシンプルなパッケージに毛筆体のこの文字。刺激的なものを感じる。手にとって商品説明を見ると「ターメリックやハーブなどのスパイスに(中略)中国の健康食『黒五』をダイナミックに調製した、まさにスーパー健康食品です」とある。こちらもあまりにも刺激的である。「ダイナミック」に「スーパー」。そして最後には「老舗=オリエンタルの新しいトライアルフーズです」としめくくられている。すごすぎる。こんなにも刺激的で秀逸なコピーを書いたライターに賛辞を送りたい。もちろん購入。

1.インド風ビーフ
2.インド風チキン
3.欧風ビーフ

の3タイプがある。1と3を購入。1食400円。少々高め。早速家で調理し食してみた。スパイシーでおいしいが不思議な深みがある。具も大きい。充分な満腹感と価格の納得感を得られた。トライアルフーズだけにまだパイロット的な食品なのであろうが、ぜひ量産しコンビニに並べて大手メーカーと勝負してもらいたいものである。頑張れ!オリエンタルカレーさん!

今回の記事を書くにあたって、ものすごいカレー研究をしているサイトを見つけた。老舗オリエンタルのカレーとある。老舗にも関わらずチャレンジングなこのメーカーに見習い、進取の気性を忘れずにいたいものだ。

さらに調査を進めると、このカレーメーカーただものではなくファンが多いようだ。いやはや参りました。あらゆるカレーを作っているようだ。すごい。

本題に戻ろう。一体「黒五」とは何か。調べるとすぐわかった。黒米、黒大豆、黒胡椒、黒松の実、黒加倫の五つの素材で、中国四千年に伝えられ、日本の薬膳料理にも取り入れられ、今では抗酸化作用が強いものが多いと言われ体内の活性酸素の害を防ぐものとして医学界でも注目されている、らしい。すごすぎる。そしてそれをカレーに入れちゃうオリエンタルもすごすぎる。

ごちそうさまでした。

▼今回の結論

黒五とは、ものすごいパワーを持つ食品素材群を指し、そしてそれはカレーにも抜群に合う。

★今回の宿題
1.オリエンタルカレーさんのパワーの源は何か
2.体に害を与える活性酸素とは何者か