【F-06Bレビュー】ケータイ一つ持ってフォトサイクリング。カイくんのふるさと「一乗谷」。カメラレンズの保護フィルムで残念なことに。。。


梅雨の晴れ間とまでいかないまでも、雨上がりの日曜日。自宅から10kmほどの一乗谷へサイクリングしてきました。家帰って写真チェックしてみると、なんかぼやけていて残念なことに。

一乗谷はカイくんと佐々木小次郎の故郷

まずは、残念な写真をご覧いただきましょう。2010年冬のソフトバンクCMで、カイくんのふるさとであることでも知られる福井県福井市、一乗谷(いちじょうだに)の風景です。ちなみに一乗谷は戦国大名である朝倉氏の居城で、戦国時代に織田信長によって滅ぼされた地です。

カイくんのふるさと「一乗谷」
↑カイくんのふるさと「一乗谷」。CMで使われたと思われる場所。雪がないとこんな感じ。緑萌え。

小次郎と戦う
↑小次郎と戦う。勇ましい少年。佐々木小次郎はリアルにこの地の出身であるとされています。

一乗滝を真下から撮影
↑一乗滝を真下から撮影。防水だから出来るワザ。べっちょべちょになりながら撮影。小次郎はこの滝で修業し、燕返しの技をあみだしたといいます。

紫陽花
↑紫陽花。接写モードで撮影。 背景がうまいことぼけます。

ニジマス釣った
↑釣り堀でニジマス釣った。イクラを餌に釣ります。なかなかの型。

にじますの塩焼き
↑にじますの塩焼き。さっきまで泳いでいたので、めっちゃめっちゃ美味かった!

ぼやける犯人は保護フィルム

家に帰って写真チェックをしてみたら、ご覧の通り何だかぼやけている。ソフトフォーカスフィルムをつけて撮影したみたい。設定とか確認してもおかしくない。

ふと、ケータイ会議まとめサイトに頂いている質問のことを思い出しました。

カメラ部分に市販の保護シートは貼られてますか?(特にカメラ部分)シートを貼っての撮影と比較するとやっぱり貼らずに撮影の方が綺麗ですよね?

そうか、そうなのかも!タッチパネルの滑りが悪いので、保護フィルム貼っています。これについてたカメラレンズ側の保護フィルムも貼っていました。タッチパネルの方は、滑りがよくなった上に反射が少なくなるので見やすくて気に入っています。タッチパネルの感度が落ちることもないようです。

image
↑ラスタバナナのタッチガードナー F-06B T099F06B

カメラレンズの保護フィルムの方は、よく見ると細かい刷り傷が。使い始めて2週間ですでに傷だらけ。この細かい傷が光を拡散させてしまっているのかもしれません。

剥がしてしまう前に比較用写真を撮ってみた。

何だか曇っている。。。
↑カメラレンズ保護フィルムありの場合。何だか曇っている。。。

カメラの液晶フィルムを剥がしたらキレイ!
↑カメラレンズ保護フィルムなしの場合。キレイ!。同じ設定同じカメラです。

全然違う!犯人は保護フィルムでした。

ということで保護フィルム、タッチパネルは滑りやすくなってオススメですが、カメラレンズはぼやけてしまうのでオススメしません

それにしても、ふらりとサイクリングに行くのにF-06B最高。一眼レフではこの身軽さはないです。防水だし。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ