【F-06Bレビュー】WiFiアクセスポイントモードでは、バッテリーが3時間くらいしか持たないかも知れない。。。


先日の内覧会で触ることが出来た、超注目機種のF-06B。何といってもFOMA網へのWiFiアクセスポイントに出来ることが魅力です。しかし、一番の心配事はバッテリー稼働時間ですよね。。。

3時間で残量20%に

ずっとアクセスしっ放しにしておくとか、他の機能と併用するとか、測定方法によっても大きく変わることを最初にお断りしておきます。

WiFiアクセスポイントモードにして、2台のiPhoneからアクセスし続けた結果、3時間でバッテリー残量20%という結果でした。

F-06B、Wifi アクセスポイントモードでのバッテリー耐久テスト
↑F-06B、Wifi アクセスポイントモードでのバッテリー耐久テスト。フル充電から約3時間、バッテリー残量は20%に!

emobileのPocketWiFiでも購入当初はそのくらいだったと思います。WiFiと3Gの両方の電波を出力し続けるというのは、相当な電力消費なのでしょうね。

 

何とかバッテリー容量を大きく出来ないか

PocketWiFiの方はサードパーティーから「バスタブ」なんて愛称の巨大バッテリーが販売されています。
RIMG0001
■ビザビ・京都室町通信 » Pocket Wifi用巨大バッテリ、予約受付開始です。

F-06Bは、予備の追加バッテリーをドコモショップでドコモポイント使って購入しておけば良いかな。確か2,000円以内だったと思いますので、PocketWiFiの追加バッテリーよりは安い。あわせて、なんでもチャージャーを持っておくとベターです。

サンコ- USBなんでもチャージャーmini DX USBAACDX
B0036CY67W

↑これいいよ!

ただし、この方法だと一度バッテリー外して電源入れ直してアクセスポイントつなぎなおして、ってのが面倒だから、コネクタにmobileブースター差しておくか。何度もコネクタキャップを開閉するとパッキンの防水性が心配という方もいますが、F-01Aの経験だと毎日開閉してても大丈夫でした。

普段の仕事場では卓上ホルダーに置いておけば問題ないですね。F-06Bをモニターするようになったら、追加バッテリーを色々試してみようと思います。

 

アクセスポイントでもクールなやつ

ただ、PocketWiFiと決定的な違いがあって、それは温度がそれほど上がらないこと。PocketWiFiをお持ちの方は分かって頂けると思いますが、PocketWiFiはホッカイロ並みに熱くなります。F-06Bは多少温かさを感じるくらいで、ホッカイロにはなりませんでした。温度計で測定してませんから、デジタルにお伝え出来なくてすみません。

 

次は電波強度についてレポートしたいと思います。

F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ