さくらサーバへのXML-RPC投稿不具合を「LibXML2 Fix」で回避


今月はまだ5つしかエントリーを書けてない。。。年度末始でバタバタというのもあるけど、もう一つの問題は、技術的な問題でした。

このブログはさくらサーバをレンタルしてWordPressをCMSに使い、ブログエディタのWindows Live WriterでXML-RPCプロトコルを使って投稿しています。

4月に入って、投稿するとWordPress側のデータベースに、なぜかHTMLタグが外れて登録されるという事象が起こり回避策が分からないままでした。パソコン側は、ネットワークを流れるパケットを眺めて問題なし。サーバ側に最近導入したプラグインを外しても事象変わらず。データベースを覗くと外れている、正確には、"<"と">"がなくなっているのです。

WordPressのダッシュボードで直接書くように、やり方変えようとも思ったのですが、WLMのようなブログライタが便利なのは、スクリーンキャプチャをカンタンにコピペ出来ること。この使い勝手に慣れてしまっているので、何とかしようと思っているうちに日が経ち。。。放置。

同じ問題で困っている方はいないかとググッてみると、参考になるエントリーがざくざく見つかりました。ありがとうございます。回避出来ました。

■wigglin’ bloggin’ ? WordPressのXML-RPC投稿でHTMLタグが消える問題
■投稿するとタグが消える | appling weblog

まさか、レンタルサーバ側のphpライブラリ不具合だとは思いませんでした。早速、問題のライブラリをWordPressプラグインで回避出来る「LibXML2 Fix」を導入しました。

■WordPress ? LibXML2 Fix ? WordPress Plugins

見事に解決!phpコアライブラリの問題までも、プラグイン形式で片付けられるWordPressって、やっぱりスゴイですねぇ。