【WiMAXレビュー】高速モバイル通信「UQ WiMAX @ Nifty」をインストール


2009年2月26日からサービス開始となった高速モバイル通信「UQ WiMAX」のモニターに当選しましたので、これから使っていきます。まずはインストールと接続までいってみよー。

DSC_0123

1.UQ WiMAXとは

デジタル通信にあわせて効率化された変調方式を用いて高速通信を実現する「WiMAX」を、KDDI系のUQコミュニケーション株式会社がサービス開始したモバイル通信サービスです。うまいこと電波を使うOFDMAと、複数アンテナを使うMIMOで、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsで通信できるとのこと。さらに、料金もおトクな月々4,480円。詳しくはこちらから。

■UQ WiMAX | What’s UQ WiMAX
■WiMAX – Wikipedia

2.現在のモバイル接続環境

これまでいろいろモバイル通信を試してきました。古くはSHARPザウルスの有線電話モデム2.4kbpsから始まって、AirH"の32,64,128,256kbpsを使い、@FreeD64kbpsも試し、現在はemobile7.2Mbpsに落ち着いています。新幹線でも(トンネル以外は)繋がりっぱなしで1Mbpsくらいは出ているので、それなりに快適です。料金は月々4,980円。

DSC_0124
↑現在愛用中のemobileカードD02NE
■emobileって、新幹線でも使えるんだ! | 本質思考道場

3.WiMAXに期待すること

YouTubeなどの動画サイトはemobileで十分見れますが、WiMAXではモバイル同士でSkypeできるようにしたい。最近Skypeは4.0にバージョンアップしてより高品質で効率の良い圧縮方式が採用されたとのこと。これまでemobileでSkype3.Xで試しましたが、上り通信が遅く、ビデオチャットは使い物にならなかったのですよね。上り最大10Mbps出るというWiMAXに超期待しています。

■Skypeを最大限に活用 – 無料および格安料金でのインターネット通話

4.モニターについて

UQコミュニケーションのモニター募集には落選し、しょぼーんとしてたのですが、Niftyでも募集していることを知り、早速申し込んだら当選。ありがとうございます。Niftyからは以下のお願いをされています。

1)まずはいろいろな場所でお試しください
モバイルWiMAXはワイヤレス通信のため、電波状況によって通信速度が大きく変わります。いろいろな場所でお試しください。

2)感想を共有してください
お試しいただいた感想を、お客様がお持ちの媒体(Blog、SNSなど)でみなさんと共有してください。今回の抽選で、残念ながらモニターに当選されなかった方のためにも、是非感想を共有していただければ、と思います。@nifty WiMAX試験サービスのページにリンクをはっていただけると、なお嬉しいです。
■プロバイダー|モバイルWiMax:プロバイダーの@nifty

3)アンケートにご協力ください
今後、アット・ニフティからアンケートをお送りさせていただきますのでご回答をお願いいたします。

えっと、期間は6月末までだったはず。当選メールに明記してもらいたいところですが、確かそのはず。その間、USBタイプの機種をお預かりして、月額無料にてモニターさせて頂きます。

5.届いた!

申し込んでから1ヶ月くらい経ってたのですっかり忘れていましたが、届きました。嬉しい。

F1000001
↑パッケージがカッコいいぞ

Niftyではこの1機種限定なのですよ。ちょっと大きいかも。emobileのPCカードタイプならつけたまま持ち運べるのですがね。もうちょっと小さいUSBタイプやPCカードタイプ、Expressカードタイプの4種類があるようです。
■UQ WiMAX | 製品紹介

UQで次の募集が始まるようです。Wi-Fiゲートウェイ版のようです。こっちの方が良かったかな。。。2009/4/3(Fri)10:00~2009/4/12(Sun)24:00の募集期間ですのでお見逃しなく。
■UQ WiMAX | WiMAX Wi-Fiゲートウェイ モニター募集について

Niftyでも第2弾募集を近日中にやるということなので、こちらもチェック。
■プロバイダー|モバイルWiMax:プロバイダーの@nifty

6.インストールはカンタン

ひとまず説明書読まずに接続。あれ?ドライバCDがない。まぁいいかとつないでみると、USBメモリにドライバが入っていて、自動実行されるインストーラ通りにドライバをインストールするとすぐに使えるようになりました。プロバイダ接続のためのユーザIDやパスワードの入力は一切なし。素晴らしくカンタンでした。
image
↑接続ユーティリティ画面

7.さて通信スピードは?

気になる通信スピードは次回から。同じ場所でemobileとWiMAXの両方を測定して、上りと下りの通信スピードを記録していこうと思います。お楽しみに。

P.S.
そういえば、一番古い通信は音響カプラ。電話の受話器をセットすると300bps(0.0003Mbps!!)で通信するのだ。ピーガーって音とともにBBSとかやってたなぁ。このころからだな、ICTに執着し始めたのは。
image
■音響カプラとは 「音響カプラー」 (acoustic coupler) おんきょうカプラ: – IT用語辞典バイナリ