WiFiにつながる便利な「Eye-Fi」をCFカードアダプタで使ってみたら・・・


あちこちのデジカメユーザに人気急上昇の「Eye-Fi」。2GBのSDカードとして使えるうえに、何とWiFiに接続できるというものです。これをコンパクトフラッシュにしか対応していないカメラで使ってみました。果たして結果は・・・?

1.Eye-Fiとは

WiFi接続機能付きのSDカードです。容量は2GB。初回にWiFi接続の設定をしておけば、USBで接続する手間はいりません。お手持ちのパソコンの共有フォルダに自動で写真アップロードしてくれます。さらに、ユーティリティソフトが自動アップロードを検知して、Flickr!などの写真共有サイトに自動でアップロードしてくれます。これはすごく便利。これまでUSBケーブルでつないで、Picasa3でインポートして、Flickr!アップローダでアップして、という3ステップが全ていらなくなる。

Eye-Fi Share SD型ワイヤレスメモリカード 日本版(正規品)
Eye-Fi Share SD型ワイヤレスメモリカード 日本版(正規品)

■Eye-Fi Japan

2.でも私のデジイチは・・・

5年前、デジイチ出始めの頃に飛び付いたNikon D100が今も愛用機です。今や珍しくなってきたコンパクトフラッシュのメモリーカード(CFカード)なのですよね。大きさがSDカードよりも随分と大きいので、最近はあまり使われなくなってしまった。そのため、同じ2GBでもSDカードよりも倍以上の値段なのですよ。しかしあきらめるのはまだ早い。SDカードをCFカードとして使える変換アダプタがあるではないですか。

PhotoFast SDHC to CF変換アダプターブリスターパッケージ・SDHC16GB対応・1ヶ月保証 CR-7000
PhotoFast SDHC to CF変換アダプターブリスターパッケージ・SDHC16GB対応・1ヶ月保証 CR-7000

3.実験結果は・・・NG

変換アダプタとセットでEye-Fiを購入。早速愛機に装着してみる。

Eye-FiとCFアダプター

結果はNG!ちゃんとセットアップして、パソコンに接続したSDカードリーダーから給電すれば問題なくアップロードされましたが、カメラに入れたままではアップロードされませんでした。しょぼーん。

原因は2つ考えられて、1つは変換アダプタ経由では給電がうまくいかないかもということ、2つ目はデジタル一眼のメモリスロットはがっしり蓋がしまるようになっているので、無線の電波が届きにくいかもということ。WiFiアンテナに目一杯近づけてもNGでした。

ということで、とても豪華な2GBメモリを購入した事実だけが残りましたよっと。。。ぐすん。。。ま、これまで512MBでしたから4倍になって600枚以上を撮影できることになったのでよしとするか。

それとも、いっそのことカメラボディを買い替えるか。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D90 ボディ
Nikon デジタル一眼レフカメラ D90 ボディ

NikonD100は630万画素でディスプレイパネルが小さいけど、操作しやすい上に大きいCCD(D90はCMOS)で画質はいいのだよなぁ。手放せないなぁ。