いじりやすいWordPressデザイン「wp.Vicuna Ext」に変更


あれ?気が付いちゃいました?そう、ブログデザインを早くも変えてしまいました。

image

使っているのは「wp.Vicuna Ext」です。デザインがきれいで最初から目をつけていたのですが、ウィジェットが使えなかったり、レイアウト変更が何か難しそうだったりしたので、使わなかったのですよね。しかし、それは「wp.Vicuna」の話。
■Vicuna – WordPress テーマ

ma38suさんによる拡張版「wp.Vicuna Ext」だと、ウィジェットが使えるし、レイアウト変更もダッシュボードで選ぶだけ。「wp.Vicuna Ext」テーマと、「Vicuna Adapter」プラグインをインストールすれば、誰でも簡単にカッコイイデザインをいじれますよ。
■ma38su.org – wp.Vicuna Ext
■ma38su.org – Vicuna Adaptor

1.テーマのカスタマイズ

テーマを選ぶとダッシュボードの「外観」に追加される「Vicuna Config」で、スキンとかアイキャッチタイプ(ロゴとかのアイキャッチをどこに表示させるか)が選べます。

image

スキンはこちらにいくつかあります。ダウンロードして/wp-content/themes/wp.vicuna.extにディレクトリごとアップロードするだけ。
■WordPress テーマ vicuna – スキン

2.レイアウトのカスタマイズ

Vicunaのスキンは複数のレイアウトに対応しているものが多いようですが、通常はphpファイルを修正しないといけません。Ext版を使うことで、「外観」に追加される「レイアウト」で、各ページ毎にレイアウトを設定できます。

image

私は全部3カラムのType2にしてみました。シングルページはウィジェットをフッターに持っていくっていうような、ページタイプによっての変更も簡単です。

使いどころが微妙なので私は使ってないのですが、「Layout Manager」なるウィジェットを追加できます。4種類から好きなのを選んで読者のクッキーに設定できます。
image
↑ちょっとしばらく表示しておきますよ。使ってみて下さい。右下です。

3.はてブなどもphpをいじらなくて済む

はてなスターやはてなブックマーク数なんかもphpをいじらなくて済むように、ダッシュボードから設定できます。

image

フォントの大きさを読者別に見やすいようにS,M,Lサイズの設定が出来るようになっている。設定値はクッキーに入るようで、読者の好きな設定がキープされます。やさしいですね。私も設定しました。
image
↑右上に出ているこれね。

4.それでもphpをいじったのはコレ

これだけあればphpファイルはいじらなくて済みそうですが、ほんのちょっこりだけいじりました。

一覧系のindex, archive, tags, categoryの各一覧系phpは抜粋だけ表示するように変更。
検索結果のsearch.phpは、タイトルだけ表示するように変更。

<?php the_content(__(‘Continue reading’, ‘vicuna’)); ?>
↓↓↓
<?php the_excerpt(); ?>

あともう一つはTimelogの毎日のメモを一番下に入れるようにしたこと。

image

Timelogの自分の設定ページを参考に、下のソースのXXXX・・を変えればOK。
■今をメモする「Timelog」

<script language=”Javascript”>
<!–
timelog_life_width = ‘95%’;
–>
</script>
<script charset=”SHIFT_JIS”
src=”http://api.timelog.jp/blife.asp?mi=XXXXXXXXXXXXXXX&dt=
<?php the_time(‘Ymd’); ?>”>
</script>

All-in-one-hatenaプラグインなんて作る必要がなくなってしまったので、wp-timelogプラグインでも作るとするかな。