【F-01Aレビュー】第2回:速いのに軽い「一切の妥協を排しハイスペックを実現した防水ケータイ」


F-01Aを使って24時間経ちました。たった半年前発売のF906iから乗り換えたのですが動きがキビキビと速くて速くて、もう無駄にメール文章が長くなってしまいます。そのくらい速い。

1.速さの秘密はCPU

速さの秘密は何でしょう?富士通の方に伺ったところ「CPUを変えた」とのこと。それは納得。

ただ、どんなCPU使っているかというのは全く公表されていないのですねぇ。パソコンならIntelとかAMDとかのメーカー名や、Core 2 duo やCore i7とかのブランド名、動作クロックといったCPU情報が公表されていて、同じアーキテクチャならクロックで速さを直感的に感じれるし、アーキテクチャが違えばコアが何個積まれてるかということを知っている人なら速さをカタログで理解できる。

何でケータイはCPUを公表しないのでしょうかARM社のCPUだということは何となく分かるのですが。

(2008/11/22追記)
ルネサスの「SH-mobile G3」というチップだということが分かりました。どなたかコメント頂きありがとうございます。クロックは500MHz。ドコモとルネサスが共同開発したオールインワンチップで、富士通とシャープに搭載されているようです。
■ルネサス、「SH-Mobile Gシリーズ」の成果を公表

なるほど。カイさんがシャープも早いということに納得。
■P-01AとN-01AとSH-01Aちょこっと触ってきた – カイ士伝

2.なのに軽い(と感じる)

F906iと比べて手に持った感じが軽い気がします。カタログを見るとF906iは142g、F-01Aは142g。質量は同じですが軽く感じるのは操作している時のバランスがいいからだと思います。F906iはヨコモーション機種だったので、回転軸が上のパネルについていてその分重く感じていたのだと思います。個人的な感覚で乗り換える機種によって違うと思います。

3.中身がギッシリ

分解して中身を見ると、本当に色んな部品がギッシリ入っていることが分かります。「一切の妥協を排した防水ケータイ」が納得できます。特にワンセグのアンテナがなくなったのは嬉しい。ワンセグ見るたびにアンテナ伸ばす手間がいりません。下の方に内蔵されているとのことです。
■ハイスペック×防水を実現したパーツたち–NTTドコモ「F-01A」:ニュース – CNET Japan
■富士通,「高性能機で初」の防水ケータイ「F-01A」の内部を公開 – モバイル – Tech-On!

4.お風呂に沈めてもワンセグ

報道陣の前で水中でもワンセグが映ることを見せてくれたようです。
■富士通、ハイスペック防水ケータイ「F-01A」の性能を水中で実証

 

注意したいのは「お風呂にワンセグ電波が届いているか」ということ。都会マンションのお風呂には窓がないところも多いはず。せっかくお風呂ケータイを楽しみに機種変更しても、そもそも電波が届いていなければ映りません。F906iはアンテナがあったから、アンテナをつまんでいれば人間の体自体がアンテナになって少しは増幅してくれたのですが、アンテナがなくなったF-01Aはその技も使えない。この辺り後日検証してみたいと思います。福井自宅では大きな窓があり、アンテナ塔も近くにあるので全く問題ないので、どこか閉じこもったお風呂で比較検証してみます

 

まとめると文句なしの星5つ。だって速いんですもの。
星5つ

FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

▼関連記事
■【F-01Aレビュー】第1回:F906iとは違うのだよ!F906iとは! | 本質思考道場
■【F906iレビュー】第5回:たった20円でワンセグケータイをお風呂テレビに変える!? | 本質思考道場
■【F906iレビュー】第2回:富士通のケータイはバケモノか!?外装編6つの驚き | 本質思考道場